鳩を駆除する

鳩が住み着きやすい場所

鳩は平和のシンボルで、公園などで群れていたり子供が追いかける姿を見ると心が和みます。しかし、家のベランダや軒下に住み着かれ、糞や鳴き声でお悩みのご家庭も多いのではないでしょうか。どうして鳩は家のベランダや軒下に住み着くのでしょうか。鳩のエサは、人間が与えた食べ物や道端に落ちているものが半分以上を占めます。そのため、鳩の生活圏と人間の生活圏は当然重なります。また、鳩は夫婦仲が良く年に5〜6回卵を産みます。その卵をカラスや猫の被害から守り安全に育てるため、高い場所や物陰などに好んで巣を作ります。人間が生活する場所に近く、安全な物陰がある場所。つまり、ベランダの室外機の陰や家の軒下などに巣を作って住み着くのです。

自分でできる駆除方法

鳩駆除の為のネットは、一見効果が高いと思われる鳥避けネットですが、少しでも隙間があると鳩はその隙間から侵入します。ネットの内部に侵入することで、駆除するのではなく外敵から身を守る安全な場所を与える結果になってしまうことも。ネットを張る場合は隙間なく張るよう心掛けましょう。その他の駆除方法として、室外機の上にスパイク(針山)を置いたり、鳩の首から胸の位置にテグスを張り巡らせたり、手すりに結束バンドを巻いたりするのも効果があります。鳩は帰巣本能があるため、一度巣を作ると毎年のようにやってきます。鳩が自宅周りで多く見られるようになったなら、なるべく早い段階で駆除をするよう心掛けましょう。