病気の可能性も

鳩も衛生面にかかわる害鳥

街中で鳩が歩いている光景をよく見ると思います。普段の生活では特に気にしない人も多くいると思います。しかし、鳩は衛生面にかかわってくる害鳥の一種です。軒下やベランダ等に住み着いた場合は駆除が必要です。例えば「糞害」があります。車や洗濯物等が糞で汚される、悪臭が放たれるといった被害がこれにあたります。酸性の糞であるため、建物の浸食被害につながることもあります。さらに、害虫を引き寄せたりネズミが発生する等、二次被害を誘発します。また、「寄生するダニによる被害」も看過できません。鳥類のほとんどはダニを有しています。仮にダニの密度が高まったり、宿主が死んでしまった場合、屋内に侵入して人に危害を与えることもあります。鳩だけに言えないことですが、鳥インフルエンザやウエストナイル熱といったウイルスの媒体となる可能性があります。以上の点をふまえると、鳩を人間の生活区域に近づけさせないことが求められます。

駆除するより防除することが重要

鳩による害鳥を防除、駆除するためにはどのような対処をとれば良いのでしょうか。鳩も含めて自然界のに生息する鳥類は鳥獣保護法が適用されます。となると、すみつく前に寄せ付けないことが必要です。一般的に忌避スプレーでの処理、防鳥テープや防鳥用ネットの利用等の方法があります。このように駆除より防除の方が大切です。近づけさせないように日頃から対策しておきましょう。仮にすみついた場合は自分で処理するより専門家に任せた方が無難です。